Hatena::Grouptakasagofan

高砂市を応援するブログ

2009-10-20

道路を整備すると地方はより早く衰退する可能性がある

22:46

「自滅する地方 焼津編」シートン俗物記さんとこ。

http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20091016/1255699254

焼津市の状況をたくさんの写真を使って説明されています。大変参考になります。

重要な部分を引用します。

中心市街地を潰滅に追い込んでも、市予算の多額の支出を伴っても進められてきた郊外化事業(道路事業・区画整理事業)。オーバーインフラによる経費支出増大、固定資産税の多くを納める中心市街からの人口流出、商店街から大規模商業施設への商業機会移行による労働需要の減少、公共交通機関の撤退、etc。それほどの犠牲を伴ってまで進めてきた事業自体が成り立たなくなってきているのです。今更、なぜ道路を建設するのか、なぜ郊外化を進めるのか、自分にはさっぱりわかりません。まさに、焼津市は自滅しようとしているのです。

地方都市は人口が減少していくことを想定して、今までの計画を見直す時期にきているのだと思います。

道路整備とは関係はありませんが、高砂市では40年以上前に作られた埋立地がいまだに利用されず放棄されています。25万平方メートルくらいあります。

高砂市で大量に太陽電池パネルが置けそうな場所」

http://takasagofan.g.hatena.ne.jp/zakinco/20090818/1250570185